【離島ヨウ素剤事前配布、一歩前進!唐津市から回答「県と協議している」】

離島等への安定ヨウ素剤事前配布について一歩前進がありました。

3月26日の馬渡島(玄海原発から9キロ)訪問、同31日の政府交渉での「自治体から要請があれば、安定ヨウ素剤事前事前配布を基本的に認める」との回答を踏まえ、4月7日に唐津市、同10日に佐賀県に対してそれぞれ、離島等への安定ヨウ素剤事前配布を求める要請を行っていました。

唐津市の27日付回答文書が5月1日に届きました。その中で、
「これまで島民の方から直接的・間接的に事前配布の要望が寄せられたことがなかった。しかし、今回の要請時に、離島住民から事前配布のお声があることをお聞きし、早速、県と離島への事前配布について協議を行っている。今後、定期的に開催されている離島代表者会議で各離島の区長の意見を伺うなど事前配布について検討していく」
との回答がありました。

一歩前進です。
やはり、住民がまず声をあげることが何より大事です!
佐賀県がこうした住民の声を踏み潰さないように、離島へ再度訪問し住民にお知らせする活動、世論に訴える活動をさらに進めていきたいと思います。

なお、7日の提出日から20日後の回答になったことについて、「遅くなり大変申し訳ありません」と電話がまずあり、そして文書が送られてきました。
同じ趣旨の知事宛の質問の回答はまだです。それどころか、知事は、今年に入ってから私達が提出した8つの質問書をいまだに回答しない(一番古いもので1月12日提出の避難計画に関する質問)ままに、再稼働「同意」をしました。
民意無視の暴挙でした。

しかし、避難計画は「実働体制ができていない」と唐津市長自ら言うようにボロボロです。
稼働までにはまだ時間があるし、避難計画など具体的な問題を徹底的に追及し、住民の命を守り、再稼働をさせないことにつなげていきたいと思います。

※4/7離島への安定ヨウ素剤事前配布、唐津市長へ要請
https://saga-genkai.jimdo.com/2017/04/07/a/
※4/10再稼働判断前に離島住民へ安定ヨウ素剤の事前配布を!知事&議長要請行動
https://saga-genkai.jimdo.com/2017/04/10/a/

ダウンロード
2017年4月27日 安定ヨウ素剤の事前配布に係わる要請書について 唐津市からの回答
4月7日の要請書に対する唐津市からの回答
20170427唐津市離島ヨウ素剤回答.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 200.2 KB