【島民「避難計画どおりでは放射能から逃げられん」と口々に~離島避難訓練見学記】

2月2日、玄海原発避難訓練の見学・監視行動をみんなで手分けして行ってきました。
玄海原発周辺では30キロ圏に全国最多の17離島があります。そこに19000人が暮らしています。離島住民の避難は最も困難な問題の一つです。以下、離島避難訓練の様子を紹介します。その他の各現場の報告もおいおい紹介していきます。
**********************
私は原発から5.8キロ、海のすぐ向こうに原発が見える向島にKさんと前夜から上陸しました。
「全島民規模」といいつつ、島民の避難は54人中13人。あとは「ダミー」の市職員。
知事、唐津市長、職員、マスコミ一行がたくさん上陸しました。
訓練前後で島民の方たちとたくさん話をできましたが、話を聞いたすべての人が「行政の用意する船など待ってられない」「自分の船で逃げる」「風向きで考えるのが普通だ」「海が時化たら逃げられない」と言っていました。

では、今日の「計画」に基づいた訓練に何の意味があるのでしょうか!

向島港の堤防のすぐ上に見える、5.8キロ先の玄海原発
向島港の堤防のすぐ上に見える、5.8キロ先の玄海原発

20マイクロの被ばくは人体に影響がない、たいしたことはないというすり込みを行い、

安定ヨウ素剤実物は目の前にあるのに、説明・問診後は、結局あめ玉を配布。こんな時に、配布したらいいではないか?5キロ圏外ということで、あくまで事前配布しないつもりです。ヨウ素剤の保管されている診療所は2週に1回しか医師が往診に来ません。市職員ももちろんいません。区長は診療所のカギを持っているだけで、配布方法などはまったく分からないと言っていました。
市長は「え、ヨウ素剤は住民に配布していないの?」と、向島の置かれた状況を知らないようでした。


避難集合場所であり放射線防御施設となっている向島分校が土砂災害特別警戒区域にあることを、崖を見せながらマスコミや市長に伝えました

(危険区域問題:https://saga-genkai.jimdo.com/2018/12/28/a/)。
市長は部下にすぐ伝えるなど、気にしているようでしたが、私が区長にもそのことを資料を見せながら話していると、市長から「今日はそういう話をする場ではない。やめてくれ」と怒られました。


ヘリで駆けつけ、避難船で住民と一緒に移動するというパフォーマンスを演じた“VIP(唐津市実施計画の表記)”知事は、住民の思いをどう聞いたのでしょうか。事後の囲み取材で知事は、住民の思いに関する記者からの質問に対して、ヘリ訓練のことを誇らしげに語るなど、話題をすり替えて、逃げていました。

 

住民は「みんな原発いらないと思ってるよ」とはいうものの「なかなかそれが難しい」「そんなことを言ったら、他の補助金がカットされないか心配」などの声も。どこでもそうですね。
住民自身が声をあげなければ何も変わらない。
そのために、私たちが粘り強く働きかけていくこと、また、住民の声を拾ったらそれを知事や九電などに伝えていくことしかないとあらためて思いました。

以上、向島のとりいそぎの報告でした。

玄海原発避難訓練の日の朝、「全島避難」を行う予定の向島全景と 5.8キロ先にある玄海原発

(主なニュース)
◆原子力防災 向島で全島避難訓練  NHK02月02日 16時06分
https://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/20190202/5080002354.html
◆原発事故想定 全島避難も~3県合同で訓練  RKB 2月4日(月) 19時50分
https://rkb.jp/news/news/46593/
◆原子力防災訓練 国と3県連携 課題はー  STS 2019/02/04 (月) 19:02
https://www.sagatv.co.jp/news/archives/29823