【「要援護者の避難、考えれば考えるほど不安に」~民生委員の経験から意見陳述/全基差止裁判第22回口頭弁論】

【「要援護者の避難、考えれば考えるほど不安に」~民生委員の経験から意見陳述】

7月28日、玄海全基差止裁判第22回口頭弁論が開かれました。

36度の猛暑の中でしたが、地裁に駆けつけた仲間とともに門前で短時間アピール行動を行ってから入廷しました。

今回は福岡市の原告、松尾邦子さんが意見陳述を行いました。

松尾さんは民生委員として日々町内を見回ってきた経験から、様々な病気などを抱えている地域の要援護者の置かれた状況を克明に触れながら、「原発事故が起きたら「誰のどんな協力の下でどうやって助けるかと、考えれば考えるほど不安になりました」と話し、子ども達や社会的弱者の生存権を脅かす原発再稼働の中止を訴えました。立川毅裁判長らには判断を下す大前提として、心の中に刻み付けてほしいと思います。

要援護者避難の困難さは最も酷い人権侵害の一つ。避難訓練などの際にも私達もしっかり見て、感じ、それを自治体への要請行動などにつなげていきましょう。

 

次回9月8日(金)の弁論では原告側から小山英之さん(美浜の会代表)、被告側から九電社員2人が証人として証人尋問が行われることが正式に決まりました。10時~17時まで丸一日かけて、基準地震動や配管損傷問題などについての尋問が行われます。

裁判も大詰めを迎えています。良心ある司法判断を後押しするためにも、傍聴をよろしくお願いいたします。

 

★今後の裁判日程

9月8日(金)10:00~  全基差止第23回口頭弁論(証人尋問)

9月15日(金)14:00~行政訴訟第15回口頭弁論

12月1日(金)14:00~行政訴訟第16回口頭弁論

 


陳 述 書 

                                    2017年7月28日 

佐賀地方裁判所御中              

 

  住所 福岡市      

                         氏名 松 尾 邦 子 

 

(1) 

本日は意見陳述の機会を与えていただきありがとうございます私の住まいは玄海原発からおよそ40キロ地点福岡市早良区南西です。30キロ圏外ではありますが、福島の事故のような過酷事故が起きれば放射能空気風にって周囲都市をも汚染し続けるのは想像に難くありません福島の事故でいまだにふる里に戻れない人々の悲しみや苦しみを思うにつけ日本は2以上原発なしでらすことができた今、この玄原発はもちろん過酷事故を起こしかねないすべての原発とたまり続ける核のゴミを未来ある子供たちに残してはいけないと思って原告になりました 

 

私は長年教職ついていました退職まもなくして20113月のあの東日本大震災福島原発事故起きたのです。それからずっとずっと心を痛めて生活をしてきましたそのような中、たまたま2014年の月から約3年間、地域の民生児童委員になりました私は教職の経験や長年独り暮らしだった母への想いを生かして活動しました。中で感じたことを中心に原子力災害に対する不安を意見として述べたいと思います。 

 

(2) 

はじめに民生児童委員の仕事の一つに「要援護者」の対象となる方の把握高齢者の現状の確認があります。「要援護者」とは要支援、要介護認定を受けている方で、まったく身寄りがない、もしくは近くに身寄りがなく災害時に周り助けが必要な方です。私の地域は前年度からの引継ぎで65歳高齢者の夫婦2人だけの世帯は31世帯、一人住まいの高齢者は25その中で、要援護者は7名でした。そこでまず、65歳以上の約170世帯あいさつ回りをしました。その結果、引き継いだ要援護者7名のほかに心配な方が次々にみつかりましたこの方たちは、自分の事情を近所に知られたくない、あるいは迷惑をかけたくないという理由から公的名簿に登録したくないと同意書提出されていません。同意されないと、プライバシー保護のため地域における協力は依頼できない仕組みになっています。私の担当地区では次のような方々がいました。

 

40代で脳卒中の病気で歩けなくなった車いす生活のAさん足が痛くて時々何日も家から出られなくなるBさん、お酒を飲み続け近所との付き合いが希薄Cさん、心臓病や糖尿病を持ち足にしびれや痛みがあるDさん被曝手帳を持ち腰痛がひど数か所の病院に通うEさん、夫婦二人住まいでも、どちらか片方が脳梗塞の後遺症歩行困難であったりアルツハイマー病が進行中であったりのFさんとGさんよそのうちに上がり込んだり、町内を一日中ぐるぐる回ったりの認知症を患うHさんIさんご主人はの手術後体調悪く、奥さんはパーキンソン病のJさんご夫婦そして、姉弟3人とも精神障害で、別な意味でさらに厳しいKさん一家など・・・です。どなたも薬を複数服用されていて緊急時の避難と避難生活は耐えられないだろうと思われました。こういう我が家も高齢者の2人暮らしです。連れ合いは心筋梗塞、脳梗塞経験者で薬が欠かせません。名簿に載ろうが載るまいが、詳しい事情が分かるのは民生委員ですが、災害時一人では助けられません。20名を超える方々の避難はのどんな協力の下でどうやって助けるか考えれば考えるほど不安になりました一応町内防災組織というものは存在しますが形式的なもので、どのように助けるかまでは話し合われていないのが状でした。これまでそれで済んだのは幸いにも大きな災害はなかったからでしょう。しかし年々風水害、土砂災害、地震の災ひどくなりそうな日本です。福島の原発事故があった今、これからは原子力災害も考えていかなければならない時代になったです。 

 

しかし、私の知る限り早良区ではこの3年間、原子力災害について町内会で具体的に話し合われている所はないと思います。福岡市では年一回夏に市長と代表民生委員との懇談会がありますので私はし合いのテーマに原子力災害時の要援護者避難について話し合ってほしい」と毎年提案しましたが、懇談会のテーマにふさわしくないなぜか却下されてきました。それでも気になる要援護者の避難について学ぼうと私は昨年秋糸島での避難訓練見に行きました高齢者や障がい者施設では、ほんの一部の職員が数人の入居者の代わりをしての簡単な避難訓練でした。一町内の訓練健常者が補助具を付けたりしただけの訓練で福岡市の避難所に向けてわずか1台のバスでの避難でしたから、実際に起こったとき役立つとは言えないものでした。さらに今年の春、知り合いの小中学校の管理職に尋ねたときは、「子供たちの避難について教育委員会からは何の指示も降りてきていない。」と話していましたもし在校中に原発事故が起きたらどうするのでしょうか?二週間プルームが通り過ぎるのを学校で窓を閉めて待つのでしょうか?必要なヨウ素剤の保管場所や服用の仕方を知っている人はいるのでしょうか?そもそも福岡市では防災危機管理課の避難計画案はまだ暫定版のままです。緊急時の対応が住民に周知徹底されていない中で原発再稼働はどう考えても許されないと思います。 

 

(3) 

次に福島の事故後の話で感じたことです。避難の途中で、あるいは避難の長期化で心身共に状態が悪化し亡くなったり生きる希望をなくした高齢者孤立死されたり、農業や畜産の方の自殺など多く聞きました。厚生労働省自殺対策推進室の調査では(東日本震災に関連する自殺者数平成234月294月分)福島県が一番多く90名、次が宮城の52名、そして岩手の44名です。(ちなみに茨城1埼玉1東京2、大阪1、京都1)又家族がバラバラになることが長期化して子供たちにも親にも悪影響が出てきていることを耳にするにつけ、心が痛みます。一番悲しくて震える思いで怒りがこみ上げたのは、避難先の学校で原発事故が理由のいじめ遭った子供たちがいたことでした。想像してください、自分の子供が、自分の孫がそんなつらい立場にいたらといじめられた子供たちは何の落ち度もないのに事故のせいでいじめられるのです。地元に住めず、離れざるを得ないことだけでも傷ついているのに電力会社は少しでも責任を感じているでしょうか 

 

今年も九電の株主総会では「事故が起きないように固い決意を持って取り組むから安全です。」と九電経営陣は言ました原子力規制委員長「安全とは言ない。」と公言しているのに、いつの間にか「絶対安全と置き換えられているのです。事故というものは、いつも想定外が重なって起こるものです。絶対はないのではないですか?それに安全と言いながら一方で瓜生社長はアメリカの遺伝学者の説を取り上げてこう述べられました。「どんなに少ない放射能でも体に害はあるそうです、放射能は自然界にもいろいろなところに存在するその中で、それらを体に受け止めながら生き延びていく人類、種が出てくるのだそうです。」と。私は耳を疑いました。今生きている人間、そしてすべての生き物が原子力の災害にあわないように質問しお願いしている場でこのような話を披露する社長の感性を疑いま社員を含めてひとり一人の、家族の営みに目を向けることなく放射能に負けない人類や生き物の出現を夢見ながら会社の経営を考えておられるのでしょうか。 

 

(4) 

民生委員や地域の役員は、避難が困難な人たちの顔を思い浮かべながら日々見回っています。30キロ圏外であっても156が住む福岡市、全体では50万人が住む福岡県も、重大な原発事故の発生でその暮らしが影響を受ける地元なのです。人間だけではありません。福岡動物園の動物たちペットや野生の生き物たち、避難の通学、仕事、通院、食料、薬は?などなど私たちには具体的に何も知らされていません。住民への情報周知を含めての避難計画完成されていない現状です。九電がよく口にされるフェイストウフェイス丁寧な説明福岡の人間にはされないまままた自治体の避難計画避難後の生活補償計画成がないままの玄海原発再稼働は、子供たちや社会的弱者の生存権を脅かすものです。 

原子力災害は、人災です。動かさなければ危険度は段に下がります。やめていただくよう心から訴えして私の意見陳述とさせていただきます。 

 

ダウンロード
2017年7月28日 意見陳述 松尾邦子さん
20170728意見陳述松尾邦子.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 274.0 KB

■報道

◆佐賀新聞