【7.7緊急東京報告会「玄海原発を止めよう!~私たちにできること」】

7月7日、東京で、FoeJAPANと原子力規制を監視する市民の会の主催で緊急報告会「玄海原発を止めよう!~私たちにできること」が開かれ、玄海の最新の状況を報告してきました。

首都圏でつながってきたみなさんが多数参加され、熱心に聞いていただきました。

ツイキャス映像を下記からご覧になれます。

http://twitcasting.tv/fukuroufoe_tv/movie/385404633

 

**********************************

■命の事だから諦める訳にはいきません

玄海原発を止めよう!~私たちにできること

 

1.民意無視の「知事同意」

  安全性は確認されず/住民から不安・不信の声噴出/6市長の反対/市民の行動

2.命を守れない避難計画

  被ばく前提の避難計画・避難訓練/安定ヨウ素剤事前配布/離島住民の避難

3.仮処分不当決定

4.一人ずつ、みんなのチカラで

**********************************

 

報告会の後は、「反原発首都圏連合」主催の国会前イベントの開始前にビラまきをして、原子力規制を監視する市民の会の毎週金曜日「規制庁前行動」に参加し、玄海の横断幕も出してアピールしてきました。規制庁は六本木の高層ビルの中にオフィスがあります。この日は参加者6人、見張り警備員4人、警察1人でした。住民説明会に説明に来てたっぽい規制庁職員も見かけましたので、そういう職員達に語り掛けながら、田中委員長に辞める前に玄海に一度おいでくださいと呼びかけました。

現地は現地で大変だけれど、首都圏の仲間は玄海のこと、東海のこと、福島刑事訴訟、20ミリシーベルト訴訟、保養プロジェクトなどを日替わりメニューで取り組んでおられて、その奮闘ぶりに感服しました。

 

玄海現地のことをお話ししに、どこにでも行きますので、お声かけください。


ダウンロード
20170707東京報告会パワーポイント(81ページ)
20170707東京報告会パワポ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 10.1 MB