【「苦しみを未然に防ぐこと!後悔のない判決を!」佐賀地裁でアイリーンさんと玄海町の青木さんが意見陳述】

9月11日、佐賀地裁で玄海原発行政訴訟と全基運転差止裁判の口頭弁論が行われ、原告2人が意見陳述を行いました。

行政訴訟では、玄海町で農業をされている青木一さん(77歳)が「玄海町の住民として誰かが言葉を出さなければいけない」との思いで、陳述を行いました。
青木さんは、玄海に原発が立地された後から、周辺の海で奇形魚が釣れるようになったこと、「協力金」という形で各戸あたり約100万円が町内全戸に配布されたこと、また、反対運動に奔走した若いリーダーがその後、町に居れなくなって消え去ってしまったことなど、原発ができたことによる地域社会の歪みを克明に語りました。また、最近、老人会の研修会で小城市の避難所まで研修旅行に行った時に参加者が口々に「逃げるぐらいないら、死んだ方がましたい。避難しなきゃならんなら、原発はつくらん方がよかばい」と言っていたことを紹介。人間だれしも恐怖におびえることなく、心おきなく生活できるよう、理不尽な原発をやめることを訴えました。

全基差止裁判では、京都の市民団体、グリーンアクションのアイリーン・美緒子・スミスさんが意見陳述を行いました。
写真家ユージン・スミスさんと共に水俣病を世界へと告発したアイリーンさんは長年にわたり脱原発を訴え、全国と世界各地を奔走されてきました。玄海の裁判も一貫して支え続けてくださっています。アイリーンさんは1973年3月20日に水俣病患者が加害企業を相手取った裁判で初めて勝利した時のことが忘れられないとして、「地域住民の生命・健康に対する危害を未然に防ぐ」ことの重要性を謳った判決文を紹介。また、関西電力MOX燃料データ不正事件を市民で追及した時のことを振り返りながら情報公開の重要性や、アメリカの科学者、エドウィン・S・ライマン博士のMOX燃料の危険性への警告などを紹介し、後悔のない判決を出すよう訴えました。

地元だからこその苦しみを抱えた青木さんの訴えと、グローバルかつ普遍的な視点を持ったアイリーンさんの訴えは、私達の心を打つ素晴らしいものでした。裁判官の胸には届いたでしょうか。

また行政訴訟では、国は提訴から2年、今頃になって「原告適格」が認められないと長々と書面を出してきました。(「被告第5準備書面」)
私達は、国・原子力規制庁が出した放射能拡散シミュレーションをベースに独自に試算、全国に散らばる原告すべてがICRPの公衆被ばく限度の年間1ミリを被ばくする可能性があるとして主張を出していました。(「原告準備書面2」)
これに対して国は「原告らが年間1ミリシーベルトを超える放射線量を被ばくをしたとしても、それだけではもんじゅ最高裁判決にいう『その生命、身体等に直接かつ重大な被害を受ける』」ことが想定される範囲の住民に該当しない」と、ICRP基準さえも公然と無視。さらに、国自らが出した拡散シミュレーションさえも「現実におこりうる可能性のある事象を予測したものではない」と、自己否定しました(このシミュレーション発表後、避難計画作成の範囲は30キロとされた)。なりふり構わない、滅茶苦茶な言いようです。

こうした主張にバッサリ反論しつつ、行政訴訟、被告九電の全基差止裁判ともに、基準地震動問題、重大事故対策、汚染水問題等々、中身の主張を堂々と展開していく予定です。


次回、次々回の日程が決まりました。
玄海再稼動の動きも加速されていく中、重要な時期の裁判です。傍聴をお願いします!

●11月20日(金) 佐賀地方裁判所
 10:30行政訴訟第7回弁論/ 11:00全基差止第14回弁論 /11:30仮処分第17回審尋
●2月5日(金) 佐賀地方裁判所
 10:30行政訴訟第8回弁論/ 11:00全基差止第15回弁論 /11:30仮処分第18回審尋

【MOX控訴審第2回口頭弁論もあります】
●12月7日(月)11:00~福岡高等裁判所


裁判書面

過去の書面はコチラから

ダウンロード
玄海全基被告準備書面5
20150910玄海全基被告準備書面5.pdf
PDFファイル 1.1 MB
ダウンロード
行政被告第5準備書面
20150904行政被告第5準備書面.pdf
PDFファイル 3.3 MB

意見陳述本文はコチラから