玄海原発3号機MOX燃料使用差止裁判結審!判決日が2015年3月20日に決まりました

19日結審の法廷前アピールと、結審後の記者会見 ダイジェスト動画

石丸初美代表「判決が3月20日世論喚起の時間が伸びたということで、これまで以上に、これまで知らされなかった人達に伝えていきたい。それまで川内を絶対動かさないという覚悟で、裁判を軸に、行動していきたい。みんなで力をあわせていきましょう!」

全国の皆さま


 2009年12月2日、九州電力が強行した日本最初のプルサーマル運転開始を受けて、私たちは2010年8月9日「 玄海3号機MOX燃料使用差止裁判」を起こしました。「普通の生活を取り戻したい」との一心で市民が立ち上がった裁判です。

 全国の皆さんのご支援がなければ、今日まで歩んで来る事はできませんでした。暖かいご支援をいただき本当にありがとうございました。心から深く感謝申し上げます。


 3.11前という状況下で原告は九州住民に限られ130人の原告団で提訴しました。 

 2011年3月11日はMOX裁判2回目の公判当日でした。

その日を境に、裁判を軸とした私たちの反原発運動も、

 

(1)「MOX裁判」に加え、

(2)2011年7月7日申立「玄海2・3号機再稼働差止仮処分」、

(3)2011年12月27日提訴「1〜4号機運転差止裁判」

(4)2013年11月13日提訴「運転停止を求める行政訴訟」と、

 

4つの裁判で闘っています。


 去る9月19日、MOX使用差止裁判は提訴から4年経ち結審しました。

 この度の判決に至るまでに、弁論準備という裁判所が原告・被告双方からの説明を受ける時間を非公式で3時間×3回持ち、さらに2014年7月18日、日頃からお世話になっている裁判補佐人でもあられる小山英之さん(美浜の会代表)が 私たちの証人として立っていただき、公開での証人尋問が行われました。


 判決日は来年3月20日(金)と決まりました。

 来年3月20日は、ぜひ佐賀地裁へかけつけてください。


 玄海3号機も再稼働申請を出している原発です。

 この裁判によって、「MOX燃料とウラン燃料は同等でない」と認められれば、伊方3号機、高浜3号機(福島3号機もプルサーマルでした)等、他のプルサーマル炉の再稼働の動向に影響を与えるでしょう。

 また、破綻している核燃サイクルの息の根を止める一歩となると思います。

 あのすばらしい福井地裁判決に続いて、このMOX裁判にも明快なる判決が下される事を強く期待します。


 今、川内原発を何が 何でも一日でも早く動かそうとしています。

 私たちの裁判運動が勝利し、再稼働にブレーキをかけるために、どうか力をお貸しください。

 法廷外運動で市民に見える形で世論喚起を、これからも頑張っていきたい思っています。


 全国の皆さまにはお世話になってばかりですが、あらためて佐賀の裁判運動へのご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。


玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会代表 石丸初美

活動の軌跡

裁判一覧

「3.20判決チラシ」「会員募集チラシ」

「3.20判決チラシ」「会員募集チラシ」を以下からダウンロードして、紙にして周囲に広めてくださると、嬉しいです!

ダウンロード
20140320判決へ向けてチラシ★.docx
Microsoftワード文書 270.2 KB
ダウンロード
会員募集20140923.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.5 MB

報道

9月19日結審の佐賀新聞報道

9月20日福岡集会の西日本新聞報道(※参加者は実数で50名でした)