12月2日はみんなで歩く玄海町!

2013.12.2 第4回反プルサーマルの日

【12・2みんなで歩く玄海町!】

 

■2013年12月2日10時玄海町役場集合

 

1942年12月2日、世界ではじめてウランの核分裂の持続的な連鎖反応に「成功」。

2009年12月2日、日本初のプルサーマルが玄海原発で運転開始。

私達はこの日を忘れない。

 

★スケジュール

10時  玄海町役場集合、スタート集会

10時半 玄海町長要請

11時  グループに分かれて戸別訪問

    視察スポット<町民会館、パレア、棚田、玄海園、普恩寺からの眺望etc>

13時~ 値賀公民館再集合 昼食(おにぎり用意)

14時~ 交流集会

15時半~九電社長要請(エネルギーパーク)

 

全体解散(時間のある方はエネルギーパークや次世代パークの見学を)

 

 

*************************

2009年12月2日。日本ではじめて玄海原発3号機でプルサーマルが始まりました。

1942年のこの日。世界ではじめてウランの核分裂の持続的な連鎖反応に成功しました。

“核の平和利用”とごまかしてきた原発は、今、地球を滅ぼすという正体を見せはじめています。

再稼働などとんでもない。福島の学びは全ての原発を止めること。

小さな市民の力も束ねれば大きな力。

一人一人が立ち上がり、声を挙げることが、家族を、未来を守ります。

 

主催:玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会

E-mail:saiban.jimukyoku@gmail.com

http://saga-genkai.jimdo.com/

http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

 

【12月2日は何の日?】

 

1942年12月2日、アメリカのシカゴ大学に設置された実験用小型原子炉“シカゴ・パイル1号”で、ウランの核分裂の持続的な連鎖反応(=「臨界」)に成功。この原子炉は、原子爆弾用のプルトニウムを作るのが目的だったので、発電設備はありませんでした。実験の成功を受けて、大型化した原子炉が、ワシントン州のコロンビア川沿いにあるハンフォードというところに建設されました。ここで生成されたプルトニウムで作られた爆弾のひとつが、1945年に長崎に投下された原子爆弾「ファットマン」でした。

チラシはこちらから

チラシイメージ
チラシイメージ
ダウンロード
A4横です。真ん中から折り曲げるか、両面印刷して真ん中から切ってください。
2012121202チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.2 MB