玄海・唐津・伊万里ポスティング


◆唐津:「玄海原発反対からつ事務所」活動開始!

◆唐津:「玄海原発反対からつ事務所」活動開始!

2016年9月、玄海原発再稼働反対、高レベル放射性廃棄物の受け入れ反対の住民交流の場として「玄海原発反対からつ事務所」が発足しました。

 

「玄海町やその近隣市町村住「玄海町やその近隣市町村住民が原発の危険性に目覚め、反対運動に立ち上がり、市町村の議会や首長を動かし、原発稼働を認めない住民の壁を構築することが最も肝要であり、それが近道です。そのためには党派を超え保守・革新などの境界を取り払い、現地住民を核とした広範な人々が団結しなければなりません。
そのためには、原発の危険性、核廃棄物の恐ろしさを住民全体に知らさなければなりません。民主主義の社会では宣伝戦で負けたのでは話になりません。住民の心の底は原発に反対しています。目覚めた人が交流を深め、的確な情報を共有拡散し、全国の仲間と協力して住民の立ち上がりを促し前進しようではありませんか。(設立趣意書より)

 

唐津市内全域へのポスティングと、市役所前で「原発反対」の幟旗を毎日1時間ずつ立ってアピールを続けています。
ポスティングを随時行っていますので、手伝ってくださる方、いつでも大歓迎です!

◆11月11日、事務所開きの様子
 https://saga-genkai.jimdo.com/2016/11/11/a/

 


◆玄海原発反対からつ事務所
 住所:〒847-0841唐津市朝日町1095-10
 no.nukes.karatsu@vc.people-i.ne.jp
 http://nonukeskaratsu.wixsite.com/karatsu 

 


◆避難チラシ・唐津版

ダウンロード
2016年9月15日 避難チラシ 唐津版
【玄海原発の事故のために言えやふるさとを捨てて逃げられますか?
原発は放射能の問題です。】
201607避難チラシ唐津.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.3 MB


◆伊万里:伊万里市民へのチラシ・ポスティング開始!

(2016年7月17日)

私たちはこれまで、ただただ「普通の生活を守りたい」一心で原発を止めるための行動に取り組んできました。
原発立地地域住民にまだまだ知らされていない事実を伝えなければとの思いで、玄海町民への個別訪問・チラシポスティング活動も行ってきました。

今、玄海原発再稼働が刻一刻と迫る中、市長が「再稼働反対」の意志を表明された伊万里市において、まず、避難計画問題を中心に訴えるチラシのポスティング活動を今後継続して行うこととしました。首長の姿勢を支えられるかどうかは住民にかかっています。
原発30キロ圏の唐津市や福岡県糸島市、またそれ以外の地域(佐賀市や福岡市など)でも、自分たちの住んでいるそれぞれの地域でチラシを撒いて、一人でも多くの住民に伝え広めていただければと思います。

今後、毎週末にできるだけ実施する予定です。
みなさん、ぜひご参加ください!!

日時は都度お知らせしますが、各々みなさんのご都合のよい日時に、いつでも進めていただければと思います。
チラシと地図はこちらで用意しておきます。

伊万里市は人口56000人、23000世帯、190地区ありますが、無理なくやっていきましょう。
「○日に一緒に行けるよ」「○日に友達と一緒にできるよ」「自分の町で配布したい!」という方、ご連絡をください。

※暑い中での屋外の活動です。水分補給、適度な休憩を欠かさずにお願いします。
 


■避難チラシ

ダウンロード
2016年7月 避難チラシ
玄海原発の事故のために、家やふるさとを捨てて逃げられますか?原発は放射能の問題です。
201607避難チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.2 MB


◆関連動画 : 伊万里ケーブルテレビ

7月16日の伊万里ポスティングの様子を、地元の伊万里ケーブルテレビがニュースで報道してくれました。

伊万里市長は7月21日の伊万里ケーブルテレビのインタビューの中で、ますます鮮明に原発そのものへの反対の意志表明をされました。
私たち市民の思いとまったく一緒です。



■関連ブログ